マリン・スポーツでアウトドアライフ

アウトドア ライフ

マリンスポーツは、陸上には無い非日常的な刺激があります。
ここでは、いろいろなマリンスポーツを紹介して、海の魅力に迫ります。

 

PR: 【ウォーキングの3倍のカロリー消費量】サイクルツイスタースリム
PR: 冷え性、ダイエットに人気!生姜サプリメント【金時しょうが粒】

ダイビング・ポイントについて


ポイントの選び方で差がつく!



はっきり言って、スキューバ・ダイビングも、ただ潜ってるだけでは全然面白くありません。
潜ったところに、いろんな生物がいたり、ダイナミックな地形があったりするので楽しいんです。
そのように、潜って楽しい場所をポイントと言います。
このポイントまで移動する旅費がバカにならないんです。

はっきり言って、今住んでいるところから、車で移動できる範囲で、
事足りているなら、スキューバ・ダイビングを趣味としても、
そんなに辛くないでしょう。
しかし、沖縄とか、小笠原諸島とか、そういうところに住んでいる人の方が少ないわけで、
多くの方が、潜るために旅行する事になります。
元々旅行が趣味の方、これも全く問題がありません。
どこへ行くには、どのぐらいの費用がかかるのか、よく判っていらっしゃるでしょう。
旅行とダイビングの両立をさせればよいわけです。



地元の海か、旅行か。



例えば、地元のショップでCカードを取得すると、まずは近場でのダイビングを勧められるでしょう。
最初から、お金をかけて、遠くまで行く必要はないという事ですね。
Cカードを取っても、すぐにうまくなるわけではありませんから、
とりあえず、地元の海に潜っておいて、慣れた頃に「沖縄ツアー」とか「パラオ・ツアー」など
ショップ主催のツアーに誘われます。
これは、これでOKです。
しかし、これだと雪だるま式に、ダイビングにかかるお金が増えていきます。
スーパービギナーなら、道は二つ。
あくまでも地元の日帰りコースの海で回数をこなす、若しくは良いポイントに行く代わりに回数を減らす。
このどちらかです。

実は、イチローはCカードを取得してからは、沖縄でしか潜ったことがありません。
しかも、地元のショップは全く利用せず、直接現地のショップに予約しています。
それは、それで良いのですよ。
Cカードさえ取ってしまえば自由なわけですから、「俺は沖縄でしか潜らない」というような事だって
OKなわけです。
「重要なのは、回数よりも、どこで潜ったかだ」とイチローは思っています。
「そんな事言ってたら、うまくなれないぞ!!」って、すぐ言われるんですが、
別に、競争してるわけでもないし、強い弱いがあるわけでもないので、
全く問題ないと思っています。

逆に「上手くなりたい」と思っている人も、たくさんいらっしゃいます。
そういう方々は、どちらかと言えば、どこに潜るかというよりも、何本潜ったかにかかってきます。
ですから、近場に何度も足を運ぶケースが多いわけです。

ここで、一つ裏技を教えましょう。
安くで、良いポイントに何度も潜る方法です。
それは、ダイビング・スポットの近くに引っ越してしまう事です。(^0^)ノ
これは、冗談ではなくて、本当にそういう方が多いのです。
沖縄のショップで働いているインストラクターは、他所から引っ越して来た人がほとんどです。
沖縄の海に魅了されて、そこに住みついちゃうんですすよね。
ダイビングにポイントがいかに重要かということが判りますよね。


ところで、Cカードを取得したショップを使って潜ることがなくなっても、
全く付き合いがないというわけではありせん。
やはり近場のショップだと、グッズを購入するのも便利だし、
地元に仲間ができるのも利点です。
バーベキュー・パーティ、花見、忘年会など、年中付き合えるのは、地元の仲間です。
ダイビング・ツアーも、一人よりは、仲間と行った方が楽しいに決まっています。
ダイビングを通じて、知り合ったカップルがゴールインなんて話も珍しくありません。
そういう同じ価値観を持った仲間と知り合えるのが地元ショップの醍醐味です。

以上のように、ポイントの選び方によって、ダイビングのスタイルが変わってきます。
こういう事を少し頭に入れておいて、ショップのドアを開けると、ちょっとだけ得しますよ。


Cカード取得ツアーは得か?

旅行会社のツアーには「Cカード取得ツアー」などというものがあります。
旅行に行ったついでに認定書をゲットして、そのままダイビングを楽しもうという企画です。
一見すると、すごく効率が良いようですが、イチローはこの企画には乗れません。
だって良いポイントに潜るんでしょ。講習なんか受けてる場合じゃないですよ。
実は、先日、ブランクが開いた人のためのリフレッシュ・ダイビングを受けました。
ブランクがあると忘れてることもあるし、インストラクターが付きっ切りで面倒見てくれるので、
安心で、それは良かったのですが、講習を受けている間も周りが気になる気になる。(*^ワ^*)
ほんの15分ぐらいだったんですが、それでも、もったいないですよ。
これが何日間にもなるんだったら、本当にもったいない。
という事はですね、Cカードは取得してからポイントに向かった方が楽しいという事なんですよ。
ですから、まず、地元のショップに顔を出すのがお勧めです。
Cカードを取得して、そのショップが主催するツアーに参加するのもよし、
旅行会社のツアーに参加するのもよし、自分で現地のショップに予約するのもよし、
とにかく、Cカードだけは、地元でさっさと取ってしまうことが大切です。



さて、Cカードを取ったぞ!、ショップの店員が「潜りに行きましょう!」と声を掛けてきた。
でも、自分では、行きたい場所があって、特にショップにこだわりがない場合、
やっぱり自分でツアーを選びますよね。
そこら辺りをちょっとアドバイスしましょう。


ショップ中心か、リゾートホテル中心か。

エキスパートは、ショップを中心に考えます。
ショップはダイバーのための設備を用意してダイビング以外の部分には、
経費がかからないように設定されています。
宿泊施設を兼ねているショップも多く、ここを利用すれば、ダイビング三昧というわけです。
さらに、他のお客さんもダイバーなので、簡単に仲間に入れますし、ショップのスタッフは、
アフターダイビングの面倒も見てくれるところが多いので、例えたった一人で出かけたとしても
寂しいなんて事はありません。
難点は、ダイビング以外のオプショナル・ツアーが付いていないケースが多く、
ちょっと買い物・・なども不便だったりします。

一方、リゾートホテルのオプショナルとしてダイビングを申し込んだ場合。
ホテルがショップを経営しているケースもありますが、
地元のショップがホテルまで迎えに来るケースがほとんどです。
この場合、直接ショップに頼むよりも、当然料金が高くなります。
よく観光客値段、なんて言われますよね。
この場合だと、旅行のついでに、ちょっと潜るということが可能で、
ダイビング観光を両立させる事が可能です。
当然、宿泊施設としても、コチラの方がだんぜん豪華なわけで、せっかく○○に来たんだから、
という、欲張りには答えてくれます。

これは、どちら良いかというわけではなく、使い分けるのがスーパービギナーでしょう。
というのは、同伴者がいるかどうか、スケジュールはどうなっているか、
など、その都度条件が違うと思われるので、
どちらが良いかというのはケースバイケースになるからです。

同伴者が潜らないのだったら、ショップに連れて行っても、
退屈で、安っぽい部屋に満足しないでしょうし、
一人で潜りに行った場合、リゾートホテルだと、逆に寂しくなってしまいます。
イチローとしては、両方のケースを体験して、どちらが、どのような感じなのか、
判っておくと楽しさも広がってくると思います。
だってスーパービギナーですからね。

ちなみに僕が行ったリゾートを紹介しましょう。
万座ビーチホテルです。
ここは、沖縄本島では人気のあるダイビングスポットで、
ビッグなドロップオフと、有名「万座ドリーム・ホール」が楽しめます。
ホテル内に、ダイビングショップがあって、宿泊している部屋から水着で行けるのが魅力です。
もちろん、観光客値段ですが、値段以上のメリットがあると思います。
僕は大満足でしたよ。

inserted by FC2 system